2016.7 SCHEDULE

 
[2015年]
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

[2016年]
1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
7月1日(金)多田誠司(sax)【Oaky】
 
午後8時半~ 2ステージ 4000円 (学生2500円)
 
【多田誠司(sax) ”Oaky”】
 
多田誠司(sax) http://www.tadasei.net/
横山和明(ds) http://blog.goo.ne.jp/klookmop
ゲスト 井上銘(gt) http://www.universal-music.co.jp/inoue-may
 
2014年1月より活動を開始した、日本有数のアルトサックス奏者、多田誠司初のオルガントリオ。
最近TOKU、マヤハッチなど人気ボーカリスト達からもファーストコールの天才、宮川純のオルガンを全面的にフィーチャーし、横山和明dsの絶妙のサポートを得て多田のサウンドにどのような変化が生まれるか、非常に興味深いところである。オルガンとアルトという組み合わせにぜひ注目してください!
そして天才ギタリストと呼び名の高い井上銘もゲスト参加決定!!!
 
 
7月2日(土)布上智子【BANDA DELHI】
 
午後8時半~ 2500円 2ステージ
 
[ BANDA DELHI]
Vo.布上智子
G.林ハヤマサ真信
B.武田悟
Dr.中井和也
P、木村郁絵
 
 
ブラジルから帰国し、久々にお日様のような布上智子の歌声を!

bandadelhi

バンダ・デリ
Vocal 布上智子、Guitar 林真信、Bass 武田悟、Drams  中井和也の、いずれも北陸を中心にプロ活動を続ける4名で結成されたバンド。メンバーのそれぞれが、ポップス、ロック、ジャズとそれぞれの音楽を追及してきた異色の背景を持ち、バンダ・デリでは、ボサノヴァをロックに!サンバをジャズに…!と、ブラジル音楽を様々なグルーヴで表現することを楽しんでいる。今回はピアノに木村郁絵もいれてさらに華やかなステージを!

 

7/3(日) BAR営業
 
店長BAR営業になります。セッションウェルカムです!!
※生演奏はございません
 
charge 1,000yen (学生 500yen)
7月5日(火)高雄飛(p)ソロ&デュオ
 
午後9時~12時 3ステージ 2000円(女性平日500円オフ) 学生1000円
 
高雄飛(p) 篠﨑文(vo) 行武志乃(vo)
 
セッションもウェルカムです!
7月6日(水)浜崎航(sax)堀秀彰(p)【ENCOUNTER】
 
午後8時半~2ステージ 4000円 (学生2500円)
 
【浜崎航(sax)堀秀彰(p)「ENCOUNTER」】
 
 堀秀彰(p) http://horinky.withmusic.jp/
 広瀬潤次(ds) http://hirolin.jimdo.com/
 

New Album”SKY” 5月25日(水)発売!! CR06 2500円(税別)
Encounter(浜崎航 堀秀彰 高瀬裕 広瀬潤次) 

日本ジャズ界を牽引する次世代の旗手、浜崎航、堀秀彰率いるエンカウンター。ジャズの伝統を背負い現在進行形の音楽を追求する彼等の渾身の音に耳を傾ければ、ジャズの未来は明るいと感じるはず。

全国的なライブ展開を始めとして、数々の国内外のJAZZフェスティバルにも多数出演­。
TvAsahiの『源流JAZZ』にも特集される。
近年その活動は海外にも及び、2011年には1週間にわたる韓国ツアーも成功。
2012年にはアメリカのカリフォルニア州で行われる、世界的にも有名で歴史ある55­th Monterey Jazz Festivalにも出演しスタンディングオベーションでの喝采を受けた。
同年、Popsユニット"Parismatch"のアルバム『edition 10』の中でポップミュージックとジャズグループとのコラボレーションも行う。
2014年、5作目”Oasis”を発売。
伝統的なスタイルをベースにした現在進行形の音楽を繰り広げ,
全国各地の音楽ファンより圧倒的な支持を得ている。


オリジナルアルバム(CD)
2008年『Encounter』
2008年『Signs&Wonders』
2010年『Nature of Mind』
2011年『Traveler』
2014年『Oasis』

主なコンサート出演(海外)
『55th Monterey Jazz Festival(USA,California)』(2012年)
『韓国国内6ヶ所でのコンサートツアー』(2011年)

主なコンサート出演(国内)
『おんがくのたび 0才からのコンサート』(2015年)
『横浜JAZZ Promenade ランドマークホール』(2013年)(2014年)
『徳島ジャズストリート』(2013年)(2014年)
『横浜JAZZ Promenade NHK横浜放送局ステージ』(2012年)
『すみだストリートジャズフェスティバル 第1メインステージ』(2012年)
『横浜JAZZ Promenade みなとみらいホール』(2011年)
『北千住Music Line』(2011年)
『日比谷公会堂第2回サマージャズレヴォリューション』 (2010年)
『おおつか音楽祭』(2009年)

メディア出演等
衛生デジタルラジオ Musicbird『Live Works』(2013年)(2014年)
TV Asahi『源流JAZZ』(2010年)
J:com TV『J:com Jazz Train』(2013年)
NHK-FM『Session 2012』(2012年

日本を牽引していくであろうミュージシャン達の熱いサックスカルテットをぜひお聞きください!!

 

SKY ENCOUNTER プロモーション動画↓

https://youtu.be/dDvHRm9MH9Q

7月7日(木)ハヤマサ(gt)デュオ
 
午後9時~12時 3ステージ 2000円(女性平日500円オフ) 学生1000円
 
ハヤマサ(gt) 篠﨑文(vo) 
 
セッションもウェルカムです!
7月8日(金)Hiro-a-key×服部マサツグ(ds) Special Session
 
 開場:19:00 開演:21:00~ 2700円(学生2000円)
 
「Hiro-a-key×服部マサツグ special session」
 
出演:Hiro-a-key(vo) 服部マサツグ(dr) 中山朋(ba) 木村郁絵(pf)
 
富田ラボ、RootSoulらと共演。先月のSnarkeyPuppy来日公演でサポートアクトを務めたボーカル「Hiro-a-key」。 スガダイロートリオに参加、先月おこなわれた菊地成孔ソロ・ライヴ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」にてブルーノート出演、大西順子とも共演を果たしたドラマー「服部マサツグ」。 今、最も注目すべき、旬な音楽家二人を東京から迎えたジャンルレスなスペシャルセッション!お見逃しなく!
7月9日(土)伊藤大輔(vo)トリオ
 
午後8時半~ 3000円 (学生2000円)
 
【伊藤大輔(vo)トリオ】
 
伊藤大輔(vo)
成瀬明(gt)
日景修(b)
 
年末以来の素晴らしい男性ボーカル、伊藤大輔が今度はギタートリオで。
名古屋を拠点に活躍する成瀬明と日景修の歌心たっぷりのメンバーとまたどんな素晴らしいステージを披露してくれるか、
メロウでスイートでそれでいてジャズからポップスまでどんな音楽も自分流に表現する、ぜひ彼の歌声をたくさんの方にきいていただきたいです!
7月12日(火)村中千晶(p)ソロ&デュオ
 
午後9時~12時 3ステージ 2000円(女性平日500円オフ) 学生1000円
 
村中千晶(p) 篠﨑文(vo) 行武志乃(vo)
 
セッションもウェルカムです!
7月13日(水)木村郁絵(p)ソロ&デュオ
 
午後9時~12時 3ステージ 2000円(女性平日500円オフ) 学生1000円
 
木村郁絵(p) 篠﨑文(vo) 
 
セッションもウェルカムです!
7月14日(水)フォッサマグナ VOCAL DUO&SESSION
 
午後9時~ 2500円
 
「フォッサマグナ VOCAL DUO&SESSION」
 
清水貴和子(P, Vo.)吉村京花(Vo.)
 

実力派ジャズ・ヴォーカリストの2人組が、大人から子どもまで幅広く親しめる音楽をとヴォーカル・ユニットを結成。湧き出ずる音楽の喜びを素材に、大人の遊び心で味付けした楽曲が魅力。オリジナル楽曲は「元気がもらえる」と好評。エンターテイメント性の高いライブには定評がある。

ユニット名の由来は日本列島を横断する2つの構造線柏崎~千葉ライン、糸魚川~静岡ラインにはさまれた地帯「フォッサマグナ」。内部から沸きあがる大地のエネルギーのように、生き生きとした音楽を奏でる。

とにかく楽しく明るく元気をもらえるパワフルな二人のステージ!後半はセッションを、ボーカリストの方もぜひおこしください!

 

清水 貴和子(Piano, Vocal)

清水貴和子 4歳からピアノを始める。キーボーディストとしてさまざまなジャンルのバンド活動を経て、ジャズ・ヴォーカルの世界へ。マーサ三宅氏に師事。

1993年、第12回浅草ジャズコンテスト・ジャズ・ボーカル部門でグランプリ受賞。同年10月、オーストラリアのマンリー・ジャズ・フェスティバルに出演。1996年9月には、ジミー・スミス(ds)と共演した。1998年アルバム"Love for Sale"をアメリカで製作。現在、全国のジャズ・シーンで活動中。

オフィシャルHP http://www.kiwako.com

吉村 京花(Vocal)

吉村京花 幼少のころ映画「サウンド・オブ・ミュージック」に感銘を受け、以来、映画音楽、ミュージカル、ジャズ、ポップスに親しむ。アカペラ・コーラス、演劇、ダンスと遍歴後、出産をきっかけにジャズ・ボーカルの世界へ。スタンダード・ジャズからポップス、R&Bなど英語の歌はもちろん、ポルトガル語のボサノバ、サンバまで幅広いレパートリーを持つ。「音楽のある子育ては心豊かな生活の入り口」と提唱する。都内を中心にライブ活動展開中。

オフィシャル・ブログhttp://blog.goo.ne.jp/kyokayoshimura

7月15日(金)木村郁絵(p)トリオ
 
午後9時半~ 3ステージ 2000円(学生1000円)
 
木村郁絵(p) 中山トモ(b) 中沢宏明(ds)
 
第三金曜日はキムちゃんこと木村郁絵(p)によるトリオで!
7月16日(土)Viva La VIO feat.REIKO(バイオリイン)
 
午後8時半~ 2ステージ 2500円(学生2000円)
 
「Viva La VIO feat.REIKO(バイオリン)」
 
行武志乃(vo) 高雄飛(p) 中山トモ(b) 井上恭子(per) 
 
関西を中心に活躍する情熱のバイオリニスト、REIKOと金沢のミュージシャン達の熱い夜!
バイオリンのジャズやラテンナンバーが好きなかたはぜひ!!
7月17日(日)Liquid Soul Vol4 前夜祭
 
午後8時スタート 2000円
 
「Liquid Soul 前夜祭」
 
7月18日に行われるmomoholic主催イベント「Liquid Soul vol4」の前夜祭!!
富山・金沢を股にかけて活躍する、なんちゃってジャズの旗手いのちゃんズをホストに、18日も演奏してくれる横浜からのゲスト、ピンクおじさんことファンクラ大臣、翌日バンドスタイルで演奏してくれる丸い月の下はこの夜はピアノデュオで参加です!!
アフターセッションもあります!
 
≪出演バンド≫
 
【いのちゃんず】

体させた『なんちゃってジャズ』で金沢を拠点に爆笑快進撃中。曲目を聞くだけで興味津々、たとえば Take Five は「ドジョウのかば焼き」 Body&Soul は「無呼吸症候群」 Spain は 「小立野ホワイトギョーザ」 Sir.Duke は 「痛風なんか痛くない」 Take the A train は 「アル中列車で行こう」 今宵なんちゃってジャズの夜明けを見逃すな!

 
【丸い月の下 (Duo)】

ボーカルのアキノと鍵盤のヒロユキが作ったユニット、丸い月の下。

切なくてそして、あたたかい 誰もが一度は出会った、想いや景色を思い出す そんな等身大のオリジナルポップスを中心に、ライブ活動をしています。

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-lm3lgexxiu3kvjpl6kaqbh3spm-1001&uniqid=33ba5f83-0c86-472d-887b-83719b0bb66e&viewtype=detail

【ファンクラ大臣】

ファンクラ大臣(Vocal&Bass) 

ファンクラ大臣=80年代から、ベースをはじめ、マルチプレイヤーとして幾多のファンクバンドを渡り歩き、コンテストを荒らす。2000年代からは、ベースヴォーカルのフロントマンとして活躍。ラリー・グラハムを神と崇める。全身ピンクに身をまとい、チョッパーベースをぶっ叩きながら、デカイ声で豪快に歌い叫ぶスタイルは、唯一無二! 全員参加型の熱い暑いステージを、今日も全国で繰り広げる!

 

 

 

7月19日(火)高雄飛(p)ソロ&デュオ
 
午後9時~12時 3ステージ 2000円(女性平日500円オフ) 学生1000円
 
高雄飛(p) 篠﨑文(vo)
 
セッションもウェルカムです!
7月20日(水)Toshizo&Happy Cats ft.小林”TONY”祥夫(ds from NY)
 

午後8時半~ 2ステージ 2500円

【Toshizo and Happy Cats ft. 小林"TONY"祥夫(ds from NY)】

白石才三(g) 小林眞樹(b) 小林祥夫(ds)

プロフィール

白石 才三 (しらいし としぞう)guitar

幼少期はオランダの田舎町で過ごし、17歳からギターを始め、20歳で渡米。 ジャズギタリスト、ジョン・トーマスに師事し、その師弟関係は今も続いている。 彼のスタイル、スピリットを継承する唯一の日本人。 2002年、帰国後は、地元長野の仲間とblissed(ブリスト)、 SOIL&"PIMP" SESSIONS 元晴(sax)、秋田ゴールドマン(b)、みどりん(ds)とso-ill 2014 グラミー賞ベストゴスペルアルバム全曲参加ギタリストDai Miyazaki(g)等、NY、フィラデルフィア、ボストンで活躍する仲間とWESTLAND、 そして三宅洋平(犬式)と(仮)ALBATRUS(2010年脱退)等数々のバンドでギタリスト/ベーシストとしてのキャリアを積む。

2007年、BROOKLYNのバンド、MAINSPACE(concent)のレコーディングに参加。 2009年と2015年にNYで活動するDIZZY VENTILATORSとの日本ツアーに参加。 近年はblissed、so-ill以外にもMARTER(JAZZY SPORT)とのセッション(2枚のEPをリリース)やIRIE JAZZ SESSION、Toshizo and Happy Cats、THE KITCHENS等のバンドで地元長野と神奈川を中心に日本中で活動中。

2012年アコースティックソロアルバム『INSIDE OUT』をリリース。 2015年オルガントリオアルバム『MYSTIC MOMENT』をリリース。 VOXアンプエンドーサー。 inmylife-pro.com

 

小林 眞樹(こばやし・ しんじゅ)/ Bassist

1981年11月25日北海道生まれ、長野育ち。 幼少期からレゲエドラマーの父の影響で多ジャンルの音楽に囲まれ育つ。弟はSTONEDROCKERS等の天才ギタリストYOTA。17歳の 時に単身ニューヨークへ渡る。Tony Stevensonに師事し修行を積み、2005年に帰国。

帰国後はジャンルや世代を超えて様々なアーティストのサポートベーシストとして多岐にわたる現場で活躍中。レゲ エ、ソウル、ファンク、ラテンからポップスまで、幅広い表現力を発揮している。

2011年(仮)ALBATRUSに正式加入。バンド、セッションとを縦横無人に行き 来し低音道を修行邁進中

 

Yoshio "Tony" Kobayashi (Concent NY)

長野県川中島出身。 15歳でドラムに目覚め、即興打楽器演奏家の三浦能氏に師事、打楽器演奏の厳しさと素晴らしさを学び、 96年ニューヨークに単身渡米。 2001年、Brooklynにマルチアート実験スペース、studio b.p.m.を立ち上げ、ここを拠点として様々な音楽プロジェクトの制作やイベント企画、Live活動を展開、地元ブルックリンのアーティスト達の実験、交流、発信の場としての重要な役割を担ってきた。 2002年よりAkoya Afrobeatに加入し、アフロビートに夢中になる。 Akoyaとして2枚のフルアルバム、3枚のアナログEPを発表し、国内外のフェスティバルなどで演奏活動するとともに、Antibalas のツアーメンバーとして、アメリカ、ヨーロッパ各地を回るなど、2000年初頭から現在に至るまでのNew Yorkアフロビートシーンを盛り上げてきた役者の一人である。

また、Concent Production の所属アーティストとして、DUB Nomads, MainSpace, 47.5などの音楽プロジェクト作品を発表、2015年にはMarterと取り組んでいるカセットテープ録音によるDUB duo, Marter&YonyのアルバムがBill LaswellのレーベルM.O.D Technologyよりリリースされた。

2016’5月には待望のAkoya Afrobeatの3rdアルバムが12”LPでリリース!!

Tony Allen, Vernon Reid, Cedric IM Brooks,等と共演

 

 

7月21日(木)木村郁絵(p)ソロ&デュオ
 
午後9時~12時 3ステージ 2000円(女性平日500円オフ) 学生1000円
 
木村郁絵(p) 篠﨑文(vo) 
 
セッションもウェルカムです!
7月22(金)世界5大ウイスキーテイスティングセミナー
 
世界5大ウイスキー(スコッチ、カナディアン、アイリッシュ、バーボン、ジャパニーズ)を6種類テイスティングできるお得なセミナーです。
ウイスキーアンバサダーの井黒達憲氏をお迎えして、ウイスキーについてわかりやすく説明していただきながら、お好みの飲み方でウイスキーを6種類楽しんでいただけます!!
 
ご予約制となりますのでよろしくお願いいたします。
 
会費:3,000yen(ウイスキー&チャージ込)
 
時間:20:00~
 
協賛:サントリー酒類株式会社
 
会場:JAZZ&BAR  RIVERSIDE
        TEL:076-216-5622
7月23日(土)Brass Workshop 2016
 
午後8時半~ 2000円(学生1000円)
 
【Brass Workshop 2016】
 
寅若雄一(SAX) 溝口尚(p)  橋田祐二(gt) 村田健(b) 井上恭子(Per) ヤチシンヤ(ds)
 
去年の年末も相当もりあがった半期に一度の北陸のサックス、赤いイナヅマこと寅若雄一によるライブ&セッション!!
1セット目はライブを、2ndセットはお客様も入れ乱れてのセッションタイム。
今回は北陸の素晴らしいエレキベース、村田健をフィーチャーしマーカス・ミラーなどの選曲も。
セッションでもこれだけ楽器の人がそろうことはなかなかなく、壮観です!!
リスナーの方もこの勢いに楽しんでください!真夏の夜をあつく疾走します。
7月24日(日)長谷川密(vo)シャンソンライブ
 
午後6時半オープン 7時スタート 3000円(1ドリンクつき)
 
「長谷川密(vo)シャンソンライブ」
 
長谷川密(vo) 他
 
金沢のすばらしいシャンソン歌手、長谷川密さんとお弟子さんたちによるシャンソンの夜。
人生の重みを歌に乗せてしっとりと語ります。
7月26日(火)ボーカルセッション
 
午後8時半~11時過ぎ  2000円(女性平日500円オフ) 学生1000円
 
「リバーサイドボーカルセッション」
 
ホスト 村中千晶(p)山本進一(b)中沢宏明(ds)
 
 
毎月第4火曜日は恒例ボーカルセッション!!お客様がジャズを歌う日。
ご自分のキーの譜面を3部ご用意ください!参加してみたいけどわからないことがあればお気軽に店主まで!!
7月27日(水)NYSQ(ニューヨークスタンダードカルテット)
 
午後8時スタート 4500円(学生3000円)
 
《NYSQ (New York Standard Quartet)》

ティム・アマコスト(ts) http://www.timarmacost.com/

デビット・バーグマン(pf) http://davidberkman.com/

安カ川大樹(b) http://daikiyasukagawa.com/

ジーン・ジャクソン(ds) http://www.genejacksonmusic.com/

 

公式ホームページ

http://nysq.org/home/

YOUTUBE

https://youtu.be/dR_g4hSFVEQ

 

恒例の来日ツアーが今年も決定! 本場ニューヨークの正統派ジャズを最高クオリティで聴かせる人気カルテット。
日本人ベーシスト、安ヵ川大樹を含む4 人の名手によるスタンダードの華麗なる再解釈!現代の上質ハード・バップを聴いてください!!
 NY ジャズシーンの精鋭プレイヤー、ティム・アーマコスト(ts)、デヴィッド・バークマン(p)、ジーン・ジャクソン(ds) の3 人がツアーで訪れた先の現地ベーシストをメンバーに迎える形で活動してきたNYSQ ことNew York Standards Quartet。
親日家として知られ日本語も堪能なティム率いるNYSQは、これまで8 年連続で来日ツアーを敢行し、日本全国に多くファンを持つ。本場NYの第一線で活躍するメンバーの音をたっぷりと堪能してください!!
 
7月28日(木)田中裕士(p)with KANAZAWA SINGERS Vol.4
 
午後8時半スタート 3000円(学生2000円) 
 
「田中裕士(p)&KANAZAWA SINGERS」
 
 
世界的に活躍する素晴らしいピアニスト、田中裕士と金沢のジャズシンガー達のスペシャルコラボ、第三弾!!
圧倒的なピアノテクニックと世界観、聞くものを魅了するピアノによりシンガー達がどう変化を遂げるかをぜひお楽しみください!
 
 
出演 田中裕士(p) 瀬川秀隆(vo) 岩崎久美子(vo) 榎本剛士(vo) 篠崎文(vo)
 
 
 
1963年12月11日生まれ。京都市出身。
4歳よりピアノを始める。クラシック音楽に傾倒する一方で、近代〜現代音楽にも興味を示すようになる。17歳の時ジャズ音楽の即興性やリズムに惹きつけられ、ジャズ作編曲法を藤井貞泰氏に師事。同志社大学在学中よりプロミュージシャンの中で腕を磨き、
19歳でジャズシーンに堂々のプロデヴューを果たす。23歳でニューヨークに音楽留学。帰国後、エリック・ゲイル(Gt)グループ、東原力哉(Ds)グループ、渡辺貞夫(As)カルテット、大坂昌彦(Ds)クインテット等に参加、その名を全国的に知らしめる。音楽執筆も手がけ、月刊ジャズライフ誌に連載された斬新酒脱な音楽研究執筆で多くのファンから注目を浴びた。フラメンコ音楽にも造詣が深く28歳の時スペインに音楽修業。近年はジャズ界〜フラメンコ界を股にかけ先進的な演奏活動を行っている。

そのピアノタッチの美しさとオーケストレーションセンスには高い定評があり、内外広範のミュージシャン達からの高い評価を得ている。日本音楽界のおびただしいスタイルの乱立などに心奪われることなく、鍛え上げた音楽的語彙を駆使した独創的演奏でファンを魅了し続けている。自己のCD作品も多数リリースしており、作編曲家としても高い評価を獲得、不動のステイタスと信用を確立している国際的ピアニストである。2002年度『文化庁芸術祭優秀作品賞』受賞、2004年『スペイン・へレス国際フラメンコフェスティヴァル』に招聘出演。2006年、ソロピアノCD “La Sonrisa”(PonyCanyon)をリリース。2010年、日露文化交流親善大使としてロシア公演を果たし、その鬼才ぶりは高く評価
された。

田中裕士の音楽性は、多種多様な音楽要素を巧みに統合した芸術といえるであろう。クラシック音楽の技巧、ジャズ音楽の洗練されたハーモニーセンス、そしてインプロヴィゼーション(即興演奏)テクニック、さらにはフラメンコや各種民族音楽の持つリズムの生々しさ、官能性が見事に融合した壮大なる彼の音楽・・・その音世界は聴き手の心を鷲掴みにして離さない。 
7月29日(金)Twin Sax Battle!濱西公博×栗田洋輔
 
午後8時半~ 2ステージ 2500円
 
「Twin SAX Battle!濱西公博×栗田洋輔(from関西)」
 
ゲスト 栗田洋輔(sax)
 
濱西公博(sax) 真岸由紀子(p) 武田悟(b) ヤチシンヤ(ds)
 
関西で活躍するサックス奏者、バーミリオンフィールドでも人気を博す栗田洋輔と盟友、北陸を代表するサックス奏者、濱西公博との双頭サックスバトルライブ!あついバトルを堪能できる金曜の夜!
アフターセッションもぜひ!!
7月30日(土)大黒友理(vo) with ラテンカルテット in 北國花火大会 
 
オープン7時 花火スタート7時45分~ 
 
ライブスタート 花火大会終了後 9時15分~ 2ステージ 2500円(花火特別リザーブの方は1000円増し)
 
「大黒友理(vo) with ラテンカルテット」
 
大黒友理(vo) 福井直秀(fl) 木村郁絵(p) 中山トモ(b) 長田悟(Ds)
 
花火大会の夜、石川を代表するボーカリスト、大黒友理とジャズフルート奏者、福井直秀をフロントに華やかの夜をお届けいたします!!
この日のみ、花火大会観戦のテラス特別リザーブを承っております。
詳しくはお電話で(076-216-5622)まで。
 
7/31(日) BAR営業
 
店長BAR営業になります。セッションウェルカムです!!
※生演奏はありません。
 
charge 1,000yen(学生 500yen)