2018.11 SCHEDULE

 
 

[2018年]
1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
7月 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
11月2日(金)村中千晶(p)トリオ with ボーカル
 
 営業時間 午後7時~翌2時 (ライブ以外にご利用の方はバーチャージ1000円)
演奏 午後9時~12時ごろ 40分3ステージ
 
村中千晶(p) 川東優紀(b)中沢宏明(ds) 篠崎文(vo)
 
セッションもウェルカム!
11月9日(金)日景修(b)カルテット
日景修(b)2デイズ
 
 営業時間 午後7時~翌2時 (ライブ以外にご利用の方はバーチャージ1000円)
演奏 午後8時半~11時ごろ 2ステージ
 
日景修(b) 濱西公博(sax) 木村郁絵(p) 中沢宏明(ds)
 
名古屋を代表するベーシスト日景修と北陸精鋭チームでのギグ!
アフターセッションもぜひ!
11月10日(土)日景修(b)菅原高志(ds)カルテット
日景修(b)2デイズ feat.菅原高志(dr)
 
 営業時間 午後7時~翌2時 (ライブ以外にご利用の方はバーチャージ1000円)
演奏 午後8時半~11時ごろ 2ステージ
 
日景修(b) 菅原高志(ds) 濱西公博(sax) 高雄飛(p) 中沢宏明(ds)
 
名古屋を代表するベーシスト日景修2DAYS。二日目は九州出身の熱いジャズドラマー菅原高志を迎えて。
アフターセッションもぜひ!
11月17日(土)ジャズ vs シャンソン TARA&干場香苗
ジャズとシャンソンの共演
 
 営業時間 午後7時~翌2時 (ライブ以外の時間はバータイム※チャージ1000円)
 
演奏時間 午後8時半~11時ごろまで 2ステージ  2500円
 
「JAZZ vs シャンソン」
 
ボーカル ジャズ/TARA 木春  シャンソン/干場香苗 浜田昌子
釋 恵一(p)  中山トモ(b)
 
ジャズとシャンソン、TARAと干場香苗がゲストを迎えながらそれぞれの魅力を伝える夜!
 
 
11月21日(水)Soulbleed feat.クレイグ・ホリデイ・ヘインズ(from NY)友情出演ツアー
ニューヨークよりドラマカルテット
 
営業時間 午後7時~翌2時 (ライブ以外の時間はバータイム チャージ1000円)
演奏スタート 8時半~11時ごろまで 2ステージ 3500円
 
 Soulbleed feat. Craig Holiday Haynes from New York
" クレイグ・ホリディ・ヘインズ友情ツアー2018 "
 
スペシャル・ゲスト クレイグ・ホリディ・ヘインズ(ds)from New York(友情出演)
 
行本清喜(tp,quena) 祖田修(pf) 谷中秀治(b)
 
クレイグ・ホリディ・ヘインズ(ds)Craig Holiday Haynes
クレイグ・ホリディ・ヘインズはジャズの巨匠、ロイ・ヘインズの長男として生まれました。
彼のミドルネームは、かのビリー・ホリディにちなんで名付けられたものです。
クレイグは14歳でプロフェッショナルな音楽の世界に入り、ジャズ界の奇才と呼ばれたサン・ラの率いる
『サン・ラ・アーケストラ』のドラマーとして知られています。
その他、バリー・ハリス、クリフォード・ジョーダン、フレディー・ハバート、中村照夫、ライオネル・ハンプトン、
トニー・ベネット、オールマン・ブラザース・バンド、マーカス・ミラー等、数多くのアーティストと働いてきました。
 又、クレイグは世界中を旅して多くの人に会い多種多様な文化を学ぶ事を実践してきました。
その一環で今回は日本を訪問する事になり我々と一緒に『良い音楽を創造しよう』という運びになりました。
 
 
行本清喜(tp,quena)Seiki Yukimoto 1980年代にニューヨークで、当時トランペット・マエストロであったドン・チェリーと寝食を共にしながら活動する。 1999年より自らがリーダーを務めるSoulbleedで関西を中心に活動する。2014年に1stアルバム「ジャジーランドからの脱出」を 2017年に2ndアルバム「〜回想 Where We Were」をBOMBAレコードからリリース。ドン・チェリーから薫陶を受け ニューヨークのエスプリを湛えた音楽家である。
 
谷中秀治(b)Hideji Taninaka 1987年渡米、ニューヨークで活動。JVCジャズフェスティバルHeinekenジャズフェスティバル、 オランダRotteldamジャズフェスティバルなどの他、NYのジャズクラブなどでも演奏活動。 11年間ジャズの他、即興音楽、民族音楽にも出会う。1998年帰国後、富山を拠点に、ジャズの他、 アンデスグループ「WAYNO」、地元富山のグループ「アペラッチャコ」と活動を続けている。 主な共演者 マルウォルドロン、ホレスパーラン,渡辺香津美、本田竹広、田村翼 エブリンブレイキー、デレックベイリー ハンベニック、ウィリアムパーカー ロイキャンベル、ゼインマッセイ、 富樫雅彦、坂田明、板橋文男、林栄一、 ジュニアマンス、藤井貞泰、山本剛、 梅津和時、八尋知洋etc
 
祖田修(pf)Osamu Soda 1984年 プロフェッショナルとして活動開始。 1988年 大阪芸術大学在学中にマサチューセッツ州立大学招待奨学生として渡米。Dr.Billy Taylorにピアノを、Yusef   Latief(Sax,Wood Winds) に作曲・編曲、Max Roach(Ds)にアンサンブルパフォーマンスを師事し、同大学のJAZZ in JULY 88' Workshopに参加する。 1990年 大阪芸術大学音楽工学専攻を卒業後、再渡米。イリノイ州シカゴにおいてピアニストとして演奏活動を開始。 1990年 ルーズベルト大学シカゴ音楽院修士課程ピアノ専攻へ入学し、在学中に数々のコンペティションで上位入賞を果たす。 1994年 ルーズベルト大学シカゴ音楽院修士課程卒業後、ビル=マクファーランド&ザ・シカゴホーンズのアルバム「ファイアー・ホーンズ」のレコーディングにピアニスト/作曲家/プロデューサーとして参加。同アルバムタイトル曲「Fire Horns」、および「MAHO's Dream」の2作品を提供する。 1997年 Osamu Soda Trioを結成し演奏活動を開始。シカゴを拠点にニューヨーク、デトロイト、インディアナポリス、ミルウォーキー、カンサスシティー、ミシガンシティー等において幅広い活動を展開すると同時に数々のレコーディングに参加。 1998年 日本帰国、祖田修ピアノトリオ、数々のサイドワークなど京阪神のライブハウス、JAZZ CLUBで幅広い活動を展開。 2000年 祖田修 Horns Projectを結成し、オリジナル作品のみによる3管6人編成のアンサンブルミュージックの発表を開始。 2005年 ソロピアノアルバム「Fingermade」をリリース。 2008年 ・ジャネットvoの3rd アルバム「Reborn」に、キーボーディスト兼ミュージカル・ディレクターとして参加。 ・Bobby Hebb vo & gt のジャパンツアーに、ピアニスト兼ミュージカル・ディレクターとして参加。 2009年 ・Tiffany vo の4th アルバム「Yesterday & Yesterdays (Eighty-Eight`s レーベル)に、キーボーディストとして参加。 ・東原力哉The Rikiya Bandへピアニストとして加入。 2010年 The Soulbleed へキーボーディストとして加入。 以降、各地で幅広い演奏活動を展開している。 
11月24日(土)女性アカペラグループ「Queen' s Tears Honey」
 
営業時間 午後7時~翌2時 (ライブ以外の時間はバータイム チャージ1000円)
演奏 午後8時半~11時ごろまで オープニングアクト+2ステージ 3000円(当日3500円)
 
「Queen's Tears Honey」
 
とっても華やかな神戸の人気アカペラグループが登場! Queen's Tears Honey(クイーンズティアーズハニー) アカペラ発祥の地神戸を中心に全国で活動している女性のみのアカペラグループ。1998年よりライブイベント等の出演を絶やさずに行っている。
11月30日(金)中村健吾(b)片倉真由子(p)海野俊輔(ds) 「Us Three」
ピアノトリオ
 
 営業時間午後7時~翌2時 (ライブ以外の時間バータイム チャージ1000円)
 
午後8時半~ 2ステージ ご予約3800円 (学生2800円) 当日500円アップ
 
【Us Three】
 
片倉真由子(p)http://www.mayukokatakura.com/mayuko/Welcome.html
中村健吾(b)http://kengonakamura.com/
海野俊輔(ds)http://umishun.com/
 
日本を代表するミュージシャンの素晴らしい好カードがそろいます!! バークリー、ジュリアードを卒業し、一躍日本のトップジャズピアニストとして活躍中の片倉真由子、 NY時代はウィントンマルサリスバンドの一員としてや日本では小曾根真バンドのメンバーとしてもその豪快でグルーヴィなベースで引っ張りだこ、中村健吾 そして富山が産んだスーパードラマー海野俊輔。 この3人がそろって最高な夜じゃないわけがありません。 それはスィンギーなグルーヴでこれでもかとジャズを楽しめる日になるでしょう。 今からとても楽しみなライブ、ぜひお待ちしております””