2021.5 SCHEDULE

 
 [2021年]
| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 |
| 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
5月スケジュール
随時更新あり
 
厳しい時期ではございますが、ラストの方、時短要請が来る前に組んでしまったものについてはそのまま続行させていただきます。
当然ご心配される県外からの往来ですが、今回決まっている県外のミュージシャンについては全員にコロナウイルスについての検査を事前にしていただき、当日陰性であるとの証明を受けた方のみとなっております。そのため当日、ミュージシャンが来れず、ライブが変更、またはキャンセルになることもあり得ますので、こちらのページを日々更新いたしますので、ご来店の前に必ずスケジュールに変更がないかチェックしてください。
 
どれも素晴らしいライブばかりになりました。
ただ時短営業になりますのでご了承下さい。
5月16日以降金沢市まん延防止法適用により種類の提供ができなくなりました。
ご了承ください。
 
人数制限の上感染対策も厳重に各イベント開催させていただきます。
少しでも風邪の症状等ある方はご遠慮ください。
ライブは予約制となっておりますが現在休業中のためお電話が繋がらないことがございます。ご予約は店主個人の方かホームページのコンタクトの欄。もしくは
 
riverside.kanazawa@gmail.com
 
までお願いいたします。
 
<5月最終日までのスケジュール〉
 
5月1日~21日 休業
 
5月22日(土)休業
 
5月23日(日)貸切(8時閉店)
 
5月24日(月)休業

以降5月29日まで時短営業
オープン 17:00  クローズ 20:00
※酒類の提供はできませんのでご了承下さい。

5月30日、31日 休業

 
5月25日(火)【中村恵介(tp)カルテット】
午後4時半オープン 午後5時過ぎスタート 8時閉店
ライブチャージ ¥3500
中村恵介(tp)松井宏樹(sax)本川悠平(b)小松伸之(ds)+ちょこっと店主(vo)
 
4月に本来ライブする予定だった彼らですがメンバーの都合で来れず、今回ラストまでに時短でもお客様がいなくてもいいから来たい!と言ってくれました。
過去のジャズストで鈴木勲(b)氏のオマサウンドなどのメンバーとして何度もライブもセッションでも盛り上げてくれた彼ら。松井君のリバーサイドに捧げるオリジナル曲「リバーズアフェクション」はずっとリバーのオリジナルカクテルの名前としても健在でした。今回はコードレスで思いのたけはじけてもらいます!
 
5月26日(水)SOLDOUT【TOKU(フリューゲルホルン,vo)スペシャルライブ】
オープン午後4時半 ライブ午後5時ごろスタート 午後8時閉店 
ライブチャージ ¥3500
TOKU(フリューゲルホルン、vo)
木村郁絵(p)日景修(b)TAK(ds)
 
日本で最も人気のある男性ジャズボーカリストと言ってもよいでしょう!
フリューゲルホルン奏者でもあり、ボーカリストのTOKUさんのスペシャルライブです!地元の精鋭達に加え、今回急遽、素晴らしいベーシスト日景修も参戦決定!
久しぶりのTOKUさんの歌にしびれてください!
 
5月27日(木)休業
 
5月28日(金)【菊池太光(p)トリオ with 篠崎文(vo)】
オープン午後4時半 ライブスタート午後5時ごろ 午後8時閉店
ライブチャージ ¥3500
菊池太光(p) 楠井五月(b) 福森康(ds) ゲスト 篠崎文(vo)
 
リバーを愛するマイメン達、最高のメンバーがそろいました!
私の愛すべき弟達、本当に全員がすばらしいジャズメン達です。今回ドラムに大活躍中の福森君も参戦!これは嬉しい誤算!ジャズの楽しさ、美しさ、かっこよさ、泥臭さ、いろんな魅力をこのトリオでお届けします!!
 
5月29日(土)【篠崎文(vo)リバーサイドトリオ】
※それぞれ1セットの入替え制となります!
1部 午後1時オープン ライブ午後1時半~3時ごろ
午後4時お客様入れ替え
2部 午後4時半オープン ライブ午後5時~6時半ごろ
ライブチャージ ¥3000
 
篠崎文(vo)
木村郁絵(p)川東優紀(b)川北隆博(ds)スペシャルゲスト菊池太光(p)
 
リバーサイドに一番たくさん出演してきてくれた地元精鋭メンバーとともに最後のステージを飾ります。前日のライブで登場する菊池太光、この日も参戦決定です!
本来リバーサイドのビッグバンドでラストを飾る予定でしたが、感染状況悪化に伴い、大所帯であることやメンバーの立場も考え残念ながら断念いたしました。できる形でみなさまに精一杯楽しい時間をお届けできたらとおもっています!
 
5月30日(日)休業予定
 
この日でラストのバー営業になる予定でしたが、まさかの酒類提供自粛、、
さすがにそんなラストはお客様も私ものぞんでおりません。
谷本知事もお考えのあってのことかとは思いますが、こちらも動きに合わせるしかない以上、6月も延長で予定追加の可能性もあるとだけお伝えしておきます。
ただ、ライブ等は今の状況ではまた変更やキャンセルになったりするのであっては見通しが立ちませんのでバー営業の日をもうけようと予定しております。お酒なしで8時に解散!そんな10年間の最後はやはりありえません。
6月13日で一応まん延防止法が解除の予定ですが、これもどうなるかわからないめ、石川県の対応にあわせてお知らせさせて頂きます。
 
 
 
 
 
6月延長営業について(5月20日更新)
リバーサイド六月について
石川県の時短要請が4月28日から5月11日、25日、31日、、小刻みで延長になり、最後はまん延防止法適用にて6月13日までとなったことをうけ、リバーサイドも閉店を延長することにきめました。

当初、閉店予定が4月から5月に延長しましたがこの酒類提供自粛は私たちの仕事においては致命的というか、やはりありえません。
お客さまに8時前に慌てて帰っていただくこともどうしても嫌ですが、まん延防止法法が金沢市が適用になり、リバーサイドのラストにルールを守らず終わることも嫌なので、期間中はまん延防止法にのっとって、時短営業と酒類提供は自粛させていただきます。
ここまで振り回される形になってしまい、ミュージシャン達にこれ以上の変更をお願いすることも辛く、6月に組み直すといってもこの状況ではめどがたちませんので、決めたライブに関しては予定通り時短で行います。

もはや辞めれない辞めれない詐欺と言われそうですが、初めから月末、もしくは六月と決まっていればそう打ち出せたしミュージシャン達にもその予定でスケジュールを決めれたのですが。この展開は私も全く予想しておりませんでした。

本来この店は音楽だけでもなくお酒とともに楽しんできてもらい10年間やってきました。音楽だけではなかったからこそ、普段あまりライブハウスにいかないような方にも気軽に生の音楽に触れてもらいその楽しみを共有していただいたのだと思います。

さすがにこんなラストはお客様も私ものぞんでおりません。
谷本知事もお考えのあってのことかとは思いますが、こちらも動きに合わせるしかない以上、6月も延長でバー営業を数日やらせていただくつもりです。
ただ、ライブ等は今の状況ではまた変更やキャンセルになったりする可能性がある以上見通しが立ちませんので今のところお伝えはできません。
6月13日で一応まん延防止法が解除の予定ですが、これもどうなるかわからないめ、石川県の対応にあわせて閉店前の営業をお知らせさせてさせていただきたいと思います。
もしその時対応できるミュージシャンがいれば音楽もお酒も楽しむ、リバーサイドらしい夜でラスト飾れればと思っています。

延長、延長で気恥ずかしさはありますが、
しかし店主も今後の予定もとくに急ぐことはなく、大家さんもそこについてはご理解いただいておりますので、これがほんとうに最後と思ってもうすこしだけお付き合いください。
5月12日更新 リバーサイド閉店についてのご挨拶
ご挨拶
 
少しご無沙汰しております。店主です。
今後の予定がきまりましたのでお知らせいたします。
いろいろ考えた末、予定通り5月末での時短営業にのっとって閉店とさせていただきます。(午後8時完全閉店)
 
4月閉店まで残りわずか、、というところで、5月11日までの時短要請。
なにがしかの宣言中に10年間のしめくくりをやるのも、時間を気にしながらやる事も受け入れられず、賛否両論覚悟のうえで4月閉店のところを1か月延長し、20日くらいからイベントを組みなおしたところ、GW明けに25日まで延長。
 
また組みなおし、26からの残りの5日間、せめて精一杯営業しようと思っていたところ、数日後、9日日曜日にあっさり月末まで延長。
 
コロナ禍において色んなことが起こっても、なんとか切り替えてやってきましたが、今回ばかりりはさすがにどこにも解決策が見いだせず、数日間本当に悩みぬきました。
 
なんのための延長だったのか。それなら4月に終わっておけばよかったじゃないか。
感染拡大している今時短とはいえメンバー達に無理をさせてよいのか。
立場的に厳しい人も当然います。
また6月に延長?(最初から5月末であればそうしていたかもしれませんが)しかし、現在の感染状況を考えれば、たとえ時短要請や緊急事態宣言が解除になったとしても根本な感染状況がかわらなければ、いつだから大丈夫とは言えません。
その間ずっと借りているわけにもいかないし、次のステップにも向かえない。
リバーサイドのために何度もスケジュールを組みなおしてくれたミュージシャン達のことも、、どうしてよいのか本当にわからなくなっていました。
 
しかし、考えてみれば去年の五月、コロナに大変敏感になっていたのもあり、2か月自粛してからこのまま再開などできずに閉店しかないと思っていました。
そう考えるとこの未曾有の事態において、すべて自分の思った通りにやろうというのは贅沢なのかもしれないと思うのです。
 
去年から本当に街も店も静かになり、ままならない状況で閉店を決めたわけですが、3月、4月とラストに向かって自分も思ってもみなかったほどの反響をいただき、たくさんのお客様、ミュージシャンのみんな、スタッフからお腹いっぱいになるくらいの愛情をいただき、10年間のリバーサイド史のなかでも最高に盛り上げていただきました。
派手で華やかな最後の締めくくりではなくとも、もう充分すぎるほどたくさんのものをもらいました。
 
やはりズルズルとこれ以上引き延ばさず、できる範囲での5月末に自分のケジメをつけようと思います。
もちろん最大限感染対策は前にも増してします。ラストライブに予定していたビッグバンドステージも大所帯のため断念して内容を変更します。人数制限も前よりするかもしれません。この延長によってやはり来れなくなってしまったミュージシャンも残念ながらおりますが、この時期予定を作ってくれて集まれるミュージシャン達と、できることを精一杯やって、来てくださったお客さまに楽しいジャズと感謝を伝えたいと思っています。
 
なかなか踏ん切りがつかずお報せが遅くなり、ご心配いただいた皆様には申し訳ありませんでした。
予定では25日あたりからいくつかライブが入っております。平日は時短になるのでなかなかご来店難しいかもしれませんが素晴らしいメンバーがそろっています。
またスケジュールをアップいたしますが、先に店主よりご挨拶させていただきました。
よろしくお願い申し上げます。
 
 
 
リバーサイド現在の状況(5月5日現在)
金沢市時短要請延長について
4月残りわずか、という所で時短要請にはいり、要請をはねのける事もできず、閉店のフィナーレを1か月先送りとして本来であれば5月20日以降あたりからスケジュールを組みなおして10日間ほど営業する予定でした。

しかし本日(5月5日)石川県に非常事態宣言発令とのことで、金沢市の飲食店は引き続き時短要請。期間は11日まだだった所から25日までに延長となっています。
お酒の提供も午後8時→7時になり
営業時間も午後9時→8時まで。
これではほとんどの夜の飲食店は平日などまず営業できません。

25日まで、ということなので、最後の1週間でもできれば、、と思いますが、それについてもまた延長からの延長、、にならないかは誰にもわからないところであります。

4月の時短要請出た時点で、要請に従って出来なかったイベントだけ仕切り直しした事は、街の雰囲気や感染状況から考えて正しかったと思っていますが、
今度はいつきちんと閉店できるのかも、もはや読めない状況です。あまりずるずると伸ばすわけにもいかないので5月にきちんと終わりたい所ではあります。

現在詳しい状況がまだわかっていないので、また色々と決まり次第ご報告させていただきます。